バードジム作り

こんにちは、総務の若松ですよ(*´∀`*)
特別定額給付金10万円は、みなさんはいりましたか?我が家(熊本市)は5/27に入金になっていましたので、10万円はおろして妻に渡しました。わたしの用途?もうiPadPro買ったから、残ってないですよ!!!

 

さて、昔の鳥の飼育書には、鳥は遊びをしない、などと書かれていたこともあるようですが…

 

めっちゃ遊びます。

 

うちのオカメインコさんの最近のターゲットは、先週届いたばかりのアベノマスク。お国がくださった大切なマスクですから、神棚に飾ってます。

 

 

 

このアベノマスクの噛みごこちがいいようで、オカメインコのクイちゃんが狙ってます(・_・;)

 

ビニール片の誤飲が怖いので、あまり噛ませたくないんですよね…。この写真は噛めないように奥に設置したときのもので、たぶんクイちゃん的には、飼い主がおもちゃを隠す意地悪をしたのだと思ったかもしれませんね。

 

鳥飼いは、飼っている愛鳥の遊び道具を自作するのは、よくあること。趣味がこうじて、ミンネとかで作って売ってる人もいますね。

 

売っている鳥のおもちゃを見て、「んー、これなら自作できるな…」とか思うものです。市販品は高価ですしね。ということで、我が家のバードジムは手作りです。ちなみに作ったのは3年以上前の話なので…、いまだったら工務の松本くんや、大工の川口さんにヘルプをお願いしてるかもしれません(笑)。

 

 

当時、ダイソーやホームセンターで買い揃えた工具。

 

 

電動ドリルで小さめに穿孔した穴を、テーパーリーマーでゴリゴリと広げます。

 

ここに柱を差し込んでやるわけです。なんで釘や接着剤をつかわないの?と思われるかもしれませんが、インコが使うおもちゃに金属や揮発性化学物質を含むものは使えません。テフロン鍋をこがしたときに発生するガスだけで死ぬ生き物です。コンロの五徳をかじると金属中毒で死にます。なので、なるべく釘や接着剤を使わない作りにする必要があります。

 

 

不格好ですが、まあ柱は建ちました(¯―¯٥)

 

知人からいただいた竹材を使っています。これがあとで悲劇を生むことを、このときは知りません。

 

 

ダイソーには竹用のドリルなんて気の利いたものは売っていませんから、

 

まあ割れますよね…(¯―¯٥)そりゃ割れるよ。

 

ケチらずに竹用に使えるドリルビットを買えばよかったですね。でも竹材を穿孔するなんてもう自分の人生上、二度とない気がするし(笑)そう思ったら、特殊な素材にしか使えない、汎用性のないものは買えませんよね。

 

 

バードジム完成!

 

竹があちこち割れてますが、まあ体重がわずか100gしかないインコの荷重にさえ耐えれればいいので、耐久性に問題はないでしょう…。

 

はしごやブランコは既製品を流用しています。

 

 

で、バードジムを設置して3年以上たつのですが、たまに乗って遊んでくれています。

 

インコは好き嫌いがはげしく、買ったおもちゃで目的どおり遊んでくれることのほうが少ないのですが、竹が割れているのが面白いみたいですね(笑)。

 

 

緊急事態宣言も解除され、巣ごもりという感じではなくなりましたが、ペットのおもちゃを作るの面白いので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

主に事務関係や広報、不動産関係を担当いたします。パソコン・AV関係が得意分野ですので、インターネット・ホームシアターのことなどなんでも聞いてくださいね。

若松 正幸をフォローする
事務所
シェアする
若松 正幸をフォローする

コメント