永年定期訪問点検

永年定期訪問点検   

住宅保証書不具合発生時の対応こそ、ハウスメーカーのいちばんの違いがでるところです。 ヨカイエは、永年定期訪問点検(出張料・点検料無料)を行っています。

訪問時期は、竣工後1年後、2年後、5年後、10年後、以降は家屋が存在する限り、5年おきの定期訪問サポートが実施されます。

また、定期訪問時期以外でもご連絡いただければ、担当者が都度対応をさせていただきます。

当社の保証規定にもとづき、引渡し後2年以内に補修依頼をいただいた施工不良箇所については、無償にて補修を行わせていただきます。

  
 永年定期訪問点検

外部保険機関による3回のチェック


施工が正しく行われているか、工務担当者による毎日の工事監理が行われるほか、重要工程ごとに、第三者機関による施工状況確認検査が行われます。 具体的には、「基礎配筋検査」「躯体検査(金物検査)」「竣工検査」の3回、外部チェックが実施されます。

  
外部機関による検査
住宅瑕疵担保責任保険

当社のすべての住宅には、株式会社日本住宅保証検査機構による10年間の住宅瑕疵担保責任保険(保険金2,000万円)がかけられますので、 万が一、施工業者が倒産するようなことがあっても、2,000万円を限度として「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」につき、保証を受けることができます。

※具体的にどの部分が保証対象になるかについては、以下の表をご参照ください。
当然、当社での住宅瑕疵担保責任・契約不適合責任による保証もありますから、二重の保証体制になっているということです。

20年間の地盤保証


地盤保証制度

地盤保証システムハウスワランティの地盤保証システムは、地盤調査の結果を第三者であるハウスワランティが評価し、不同沈下に対する原状回復に必要なすべての費用を保証します。 保証機関は建物引渡し日より20年間、保証額はひとつの事故に対し、最高5000万円までとなります。

免責金額・免責期間はありませんので、いざというときの費用の負担は、原状回復費用が5000万円を越えない限り、ありません。

お問い合わせ先